ホーム > 観光案内

オンライン宿泊予約はこちら

堺ホテル協会

観光案内

大阪城(当ホテルから電車で60分)

大阪城は、摂津国東成郡大坂(現大阪城公園)にあった安土桃山時代から江戸時代の城である。別称は金城あるいは錦城で、大坂が近代に大阪と表記するように改まったため、「大阪城」と表記することがある。
詳細はこちら


岸和田城(千亀利城)(当ホテルから電車で20分)

羽柴秀吉の紀州征伐の拠点として再築城され、小出秀政が5重天守を上げる本格的な構えとした。松平康重の代に総構えと城下が整備され、岡部宣勝の頃、城の東側に2重、西側に1重の外堀と寺町が増築されている。文政10年(1827年)に天守を焼失。 岸和田城は猪伏山と呼ばれた小高い丘の上にあり、本丸と二の丸を合せた形が、機の縦糸を巻く器具「縢」に似ていることから蟄亀利城と呼ばれるようになった。城内にある岸城神社は千亀利と「契り」とをかけて、縁結びの神社として知られている。桜の季節は花見の名所となる。
詳細はこちら


ユニバーサルスタジオ・ジャパン

詳細はこちら


道頓堀(当ホテルから電車で40分)

道頓堀(どうとんぼり)は、大阪府大阪市を流れる木津川と、東横堀川を結ぶ全長約2.5kmの運河、および大阪市中央区の町名である。
一部で「とんぼり」と略称される事もあるが定着しておらず、地元では略さずに「どうとんぼり」と表現している。
詳細はこちら


仁徳天皇御陵(当ホテルから車で20分)

仁徳御陵に面する道路. 百舌鳥古墳群の中には 半壊しているのを含めて 46基の古墳があり、そのうち20基が前方後円墳であり 21基が円墳であり 5基が方墳である。 以前は 100基あったが 戦後 半数は 破壊され 消滅した。
仁徳天皇御陵は(世界一の敷地面積)
詳細はこちら


府立浜寺公園(当ホテルから徒歩15分)

日本シンクロの発祥の地として有名。桜、薔薇の名所。「名松100選」の美しい松林を誇る公園です。 万葉の昔から「どこまでも続く美しい松林」と詠われてきた浜寺公園。 この大阪ミュージアムの「みどり・自然」の項目で浜寺公園がベストセレクション。
詳細はこちら

←クリックで拡大します


府立浜寺漕艇センター(当ホテルから徒歩15分)

西日本唯一2,000mコース
スポーツとしてのボート競技は、ローイング、漕艇、端艇、競漕とも呼び、座席が前後に動き、オールを使って脚力により船を進めることでレースをする競技場。西日本唯一2,000mコース
スポーツとしてのボート競技は、ローイング、漕艇、端艇、競漕とも呼び、座席が前後に動き、オールを使って脚力により船を進めることでレースをする競技場。
詳細はこちら


府立臨海スポーツセンター(当ホテルから徒歩10分)

年中スケートリンク・体育館施設があります。
オリンピック代表、高橋大輔選手、織田信成選手の練習会場
詳細はこちら


あべのハルカス(当ホテルから電車で40分)

あべのハルカスは、ビルとして高さが日本一。大阪で最も早く朝陽に輝き、始まりを予感させる存在です。
最上階からは、他では見ることのできない眺望をお楽しみいただけます。
詳細はこちら


堺泉北臨海工業地帯(当ホテルから徒歩15分)

堺市から高石市の埋立地に広がる重化学工業地帯。
コンビナートの光、煙突からの炎、SF映画のような夜景が広がります。